スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

リフレ神話 Vol:03 清楚白ギャル聖天使 ういかちゃん 前半 

JKリフレ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
リフレ神話 Vol:03 清楚白ギャル聖天使 ういかちゃん 前半 リフレ神話 Vol:03 清楚白ギャル聖天使 ういかちゃん 前半

清楚ギャルって言葉死語ですかね。今までギャルっぽい子は敬遠してました。
ペラペラトークだけで時間稼いで、突然ため口になり、貞操死ぬほど固いイメージ。
でも、今回来てくれたういかちゃんはその固定概念を粉砕してくれました。
時は、残暑の残る頃、真昼間のラブホに来てくれたのは、清楚だが、今風のメイクやネイルでいわゆるギャルっぽい美人な、ういかちゃん。
しょっぱなのハニカミングとミニスカートから見えそうな白パンティを恥ずかしそうにする仕草。
グサッと来ましたよ。ええ ええ
背伸びしてお化粧やらネイルやらしてるけど、根っこがおぼこいんです。
瞬時にういかちゃんのパーソナリティを見抜いた僕は、わざとくすぐるような愛撫で辱めていきます。
頬の火照りがみたいから。
僕の乳首を舐めながら、股間にローターを当てられピクピクしてとてもじゃないけど、乳首がなめれなくなる。

リフレ神話 Vol:03 清楚白ギャル聖天使 ういかちゃん 前半


乳首を舐めさせておきながら、舐めれなくなるように感じさせるというこの逆説のアート。
そして、音を聞くことでしかつかったことのない耳を性感帯にしていきます。
指を中に挿入するころにはもう中の肉壁が総性感帯になっている状態で、手マンで強烈な連続イキをしてくれます。お天天を入れてあげないと。
僕はパンティごと挿入するという玄人技を使います。
『あ、なんか、、、、入っちゃーう』ていう固定概念を植えつけることができます。
結果 『ゴム要る・・・』
アーライ
もう最近はゴム付けようが可愛ければ、萎えることは少なくなってきました。
大量に醸造されたういかソースに誘われ、僕の肉槍は彼女の中へと進みます。
~ここまで前半~

リフレ神話 Vol:03 清楚白ギャル聖天使 ういかちゃん 前半

タイトルとURLをコピーしました